サポーター募集

サポーター募集(クラウドファンディング)

当実行委員会は地元の有志が立ち上げたボランティア団体であるため、資金力不足が大きな課題です。
個人個人の皆様の小さなご支援が大きな力となります。ぜひこの意義あるイベントの参加者、体験者となっていただきたく、サポーターを募集しております。


◎○ 続々と著名人からの応援メッセージが集まって来ています ○◎


サポーターの皆様には各人の募金額に応じて下記の様々な特典をご用意させていただきました。
詳細は併せて上記のクラウドファンディングのページでご確認ください。
(1) お礼メール
(2) HP上にサポーターのお名前掲示
(3) オリジナル・ポストカード
(4) 写真展オリジナル音源ダウンロード
(5) 写真展会場内映像ダウンロード
(6) 写真展オリジナルTシャツ(非売品) マーク・ボラン
(7) レセプションご招待(先着10名様)
(8) 谷尾美術館内に写真展開催中お名前を掲示
(9) 8✕10(A4サイズ)の鋤田正義直筆サイン入り作品(額装)
(10) トークショーの打上げパーティにご招待

デヴィッド・ボウイ、マーク・ボラン、Y.M.O. … など、時代の先端を切りさく数々のアーティストを撮り続けてきた鋤田正義。
世界に名声を響かせた氏が昨今公にしたのが、80歳を迎える今年、故郷の福岡県に居を移すということ。そしてそれを機に、この生まれ故郷で、キャリアの集大成となるような写真展を開くビジョンがあるということ。
今回の写真展は、『故郷での写真展』という氏の個人的な希望を発端に、『夢の可能性』を若い世代に伝えたいという地域の強い意思によって企画されたものです。
チケットの売上額や集客数よりも、むしろ参加・体験した若い世代の中から、どれだけ沢山の才能が出てくるかこそが、この企画の成功の証だと考えております。


写真展の開催実現に向けて、昨年7月に地元の有志で「鋤田正義おかえり実行委員会」を立ち上げました。
現在10名のメンバーで、定期的に会議を開いて、より魅力のあるイベントにするべく準備を進めています。

認知度の高い作品だけで集客するよりも、鋤田氏の全キャリアが見えて、氏の人間性が浮き出てくるような展示と構成を考えています。
また鋤田氏の原風景のある地元での開催ということで、鋤田氏の集大成として、直方でしか味わえない展覧会を企画しています。
“鋤田氏の存在を地元の人にもっと知ってもらいたい!”
“鋤田氏の生き方を通して、特に若い人には「夢を諦めない」「諦めない行動が夢を現実にしてくれる」ことを感じ取ってもらいたい!”
-この想いを元に企画した、鋤田氏の熱い想いが詰まった集大成となる写真展です。

当実行委員会は元々鋤田氏の想いを実現すべく地元の有志が立ち上げたもので、ボランティア団体であるため、資金力不足が大きな課題です。
個人個人の皆様の小さなご支援が大きな力となります。ぜひこの意義あるイベントの参加者、体験者となっていただきたいと思います。
皆様のあたたかいご支援をよろしくお願い致します!

今回、写真展のサポーターとしてご支援いただく方法として、ネットを活用したクラウドファンディングを通して募金していただく方法を採用しました。
【クラウドファンディングの資金用途】
1.作品の運搬輸送費 (東京~福岡 往復)
2.美術館展示に関する什器類製作費
3.映像作製費
4.音楽作製費
5.ノベルティ製作費
6.会場費
7.音響、照明等借上げ費
8.搬入、搬出、設営撤去等労務費用
9.交通費 (東京~福岡)

下記のURLよりボタンをクリックして、是非皆様も写真展のサポーターにご参加ください。
https://www.countdown-x.com/ja/project/R1808004