PROFILE

鋤田正義 略歴

1938年福岡県直方・古町商店街に生まれ育つ。

直方高校卒業後、日本写真専門学校、広告代理店大広を経て65年に上京、 デルタモンドに入社。
主にメンズ・ファッションの仕事をする。
60年代にAPA、ADCなど受賞。
1969年のウッドストックのコンサートを知り、以来サブ・カルチャーに興味を持つようになり、二ューヨークやロンドンへ撮影に出かける。広告・音楽・映画などの仕事で今日に至る。
デヴィッド・ボウイをはじめ、T.REX、YMOなどの世界的ミュージシャンを撮り続ける。
いつしか、「鋤田に撮ってもらったら、一流のアーテイスト」とまで言われる様になる。
国内においても沢田研二、忌野清志郎、鮎川誠、布袋寅泰ほか、 被写体となった有名人は枚挙に暇がない。

2009年、ブルックリン・ミュージアムで開催された写真展「Who Shot Rock&Roll」に参加。2012年、40年間撮り続けてきたデヴィッド・ボウイの写真をまとめた写真集「BOWIE×SUKITA Speed of Life 生命の速度」を英国ジェネシス出版より発売。
2012年8月、東京都写真美術館、渋谷パルコミュージアムを皮切りに福岡、大阪、舞鶴にて写真展「sound & Vision/きれい」を開催。
2013年より英国ヴィクトリア&アルバート博物館主催展覧会「David Bowie Is」に参加。
鋤田個人では「David Bowie 写真展」にてワールドツアー中。